久々のinternationalな空気

昨日は仕事の後、本屋に寄ってから、ある場所へ

2年後の海外渡航に向けての活動。
ある協会が主催する月例のパーティーへ。

渡豪のために、いろいろ情報収集したかったのと
久々に知らない人たちの間に入って、コミュニケーションをとりたかったのだ。
ことに、最近はすっかり飲み会にもいかないし、
人間関係も非常に限られているので
世捨て人のような生活を送っている。
普段はそれでもいいんだけど、
やはり定期的に、人と交流したいという気持ちになる。

インターナショナルな雰囲気のパーティーは久しぶりで
イロイロナ人とお話することができた。
オーストラリア情報も、就職情報も、いろいろ聞くことができて、参加してよかったと思ってます。

まだ先だし、何が起こるかは分からないけれど
夢に向かって一つずつ駒を進めていきたい。
出会った若い男の子は「行って帰ってきて、それからどうすんの、って考えるとちょっと迷ってます」
と言っていた。

若いのに、何を迷うのだ!
一生懸命努力すれば、
そのあとはきっとまた何かの道が開けているはずだ!
挑戦すればいい。

気が付いたら、熱く語ってしまっていた。
自分に言い聞かせるように。
[PR]

by nomadmurasaki | 2010-02-28 10:30 | お出かけ

挑戦・努力、そしてハジケル!

e0188350_110319.jpg

ふと、寝入る前にはじけておバカをやりたくなって
目をドアップで撮ってしまった。

パンクな精神は、いくつになっても持っていたいと思うのです。
最近、過去にやってきた「おバカ」な行動を思い出しては、
「自分、最高!」と自己満足に浸る日々が続いております(笑)


e0188350_1111850.jpg

大学時代、なぜかインドのサリー風ワンピースを着て、学校に通ってた
図書館ですれ違った先生に苦笑されたり。

バリで買った、ブレスレットと指輪がくっついたアクセサリーを付けていったら
「武器!?」と先生に突っ込まれたり。

恥ずかしいけど、そんな個性的な自分が好きです(告)

↓のフィギュアネタを引きずるようで恐縮ですが

一夜明けた今でも、興奮は冷めやらず、です。

今は勝敗がどう、ということより
選手の長きにわたる、血のにじむような努力に感動を覚えています。

「今よりも、もっと上を!」と挑戦していく姿勢に感銘を受けました。
そして、きっと多くの人も同じだと思うけれど
自分も頑張ろうという気になりました。
もちろん私が取り組んでいることなんて、オリンピック選手から見たら小さなことです。
でも自分は自分の目の前にある課題に、
正面から取り組んでいきたいと持っています。
いい結果になっても、そこに座ってしまうのではなく
挑戦しようという気持ちと努力、そして想像力を生かしたハジケル精神

これを忘れないようにしよう、と今思うのです。

こんなに心を揺さぶられるほど、入れ込んだオリンピックは初めてかもしれない。

やはりオリンピックは素晴らしい!

どの選手にも、感謝したいです!
って、まだ終わってないけどね^^

[PR]

by nomadmurasaki | 2010-02-27 11:02 | イロイロな思ひ

フィギュア女子・ドラマ・放心

さっきから、何も手につかない。

フィギュア女子、フリーを見てからだ。

洗濯物も放置状態。

キム選手はやはり、すごかった。
インタビューではちょっと弱気になってるかな、と思ったけれど
真央ちゃんに勝ちたい、そういう気持ちから発して
自力で道を切り開いてきた、気骨というか、
そういうものが彼女を成長させて
いつの間にか真央ちゃんより格上の選手になっていたように思う

一年間韓国で仕事をしていた職場の同僚に聞いた話だけど、
韓国は日本と違って、フィギュアの選手を支える体制がまだなっていない。
そこで家族が一丸となってキム選手を支えてきたわけだけど
彼女は、自らCMに出たり、CDも出している。
日本人から見れば「それって、どうなの?」だけど、
実はそれは彼女なりの金策なのだ。

それを聞いたとき、
最近日本人のスポーツ選手にかけているといわれる
「なにがなんでも、勝つぞ!」というハングリー精神を見た気がした。

一方真央ちゃん
天才少女と言われ、周りからもお人形さんのように愛されてきたわけだけど
それは本当に実力と精神力があるからで
みんなが認める日本、いや世界女王。
だから、数年間のキム選手のような大きなスランプとは無縁のように見えた。
もちろんいろいろあったとは、思うのだけど。

それが、今シーズンは、だれもが目を疑うくらいの失敗続き。
天真爛漫で、朗らかな真央ちゃんの表情が全く見られなかった。
名匠タラソワコーチに託されたラフマニノフの‘鐘’は
「乗り越える」がテーマだったといいます。

SPの‘仮面舞踏会’もキム選手のボンドガールからみると
時代遅れのようで、もっと軽やかで真央ちゃんらしさが出せるのがいいのに、
とちょっと憤りも感じましたが
それは真央ちゃん自身が選んだ「成長と変化」のためだったようです。

今回のフリーでは、見事トリプルアクセルを決めてくれました。
素晴らしい!
しかし、キム選手の圧倒的な演技が作った観客の雰囲気に
やや飲み込まれてしまったのか、些細なミスが目立ちました。
同時に、真央ちゃんが、この難曲を表現しきれていない部分もあるんだろうな、とも見受けられました。
真央ちゃんの場合は、まだ表現力に課題があるように思います。
演技しているときの顔の表情も、正直なんとかならないかな、と・・・
その点、安藤選手は表現力が素晴らしく、クレオパトラになりきっていた!

でも、難しいからこそ、真央ちゃんはこの曲を選んだんだと思います。
いつまでも日本国民の「お人形さん」でいるわけにはいかない、
そんな気持ちがタラソワコーチとのチームワークになっているんでしょうね。

一番印象に残ったのは、演技終了後のインタビューで
真央ちゃんが涙を流したことです。
あんなふうに泣いている彼女を見るのは、初めてでした。
いつもは失敗した後は、淡々と「自分の課題が見えてきたので、よかったです」言っていた。
たとえ泣いたとしても、絶対誰にも見せないようにしていた。
そんな彼女が
「トリプルアクセルが成功したのは良かったけれど、
ほかの部分では全然納得していません」
と、しっかり自分の敗北を認め、向き合っているところが胸にずんときました。

今回の戦い、正直言えばとっても残念です。
やっぱり真央ちゃんに勝ってほしかった。
でもキム選手が勝ってよかったとも思います。
それは必死に努力してきた人の努力が報われた、ということだから。

そして、何よりも金と銀を得た二人が
単なるライバル競争を超えて、
自分自身をしっかり見つめて、しっかり闘ってきたという、
芯の強さを見せてくれたことに感動を覚えました。
それは、銅メダルを獲得した、カナダのロシェット選手もそうです。
数日前にお母様を亡くされて、よくぞ自分の演技に集中できたと思います。

いやはや、今回も、本当にドラマチックな女子フィギュアでした。

ああ、やっと気持ちも落ち着いた^^

[PR]

by nomadmurasaki | 2010-02-26 18:43 | イロイロな思ひ

桃花

e0188350_903763.jpg

昨日は久々にレディースデーの恩恵を受けて、
映画を見てまいりました。
‘Julie&Julia’というメリルストリープが出ている、お料理がテーマの映画です。
良作といった具合でした。

そしてそのあとは、恒例の生け花のレッスン。

今回は2つの形を組み合わせた
フィギュアの技で言えば、コンビネーションの形
上はたてるかたち、下はかたむけるかたち。

季節モノで、桃の花と菜の花を使いました。
ラナンキュラスとスイートピーでムラサキを取り入れるのも忘れずに^^

やはり初めての形は戸惑いも多いので、
ほとんど先生に直していただきました
悔しいのでその時に写真は撮らず、
自宅で生けなおしたものをお見せします。

なかなかいい具合なんでない?

昨日は重たいコートを脱いで、
軽やかにお出かけできました。
春ですね。
うれしや、うれしや。

[PR]

by nomadmurasaki | 2010-02-25 09:00 | 華*花

春風みたいな映画

e0188350_9144322.jpg

週末見たDVDについて

アカデミー脚本賞を受賞した‘ジュノ’
アメリカでわずか7つの映画館でしか上映されていなかったのが、
大ヒット。
なんか‘おくりびと’に似てますね。

さて、この映画は16歳で妊娠してしまった女の子と
その周りの人が描かれています

e0188350_9134087.jpg


決して軽くはないテーマなのですが
重くならず、愛に満ちた、コミカルな映画になっています。

脚本家さんは、無名の人だったのですが
なかなか面白い表現で、ジュノの成長と家族愛、友情、そして恋を綴ってくれます。
公開時、もちろんこの映画のことは知っていましたが、
いかにもハリウッド的ファミリー・ハートウォーミングストーリーかと思い、
勘弁してくれ、と先入観で見向きもしませんでしたが
オープニングからして、他とは一味違っていて
自分の愚かさに赤面

何より、音楽がいいです。
朴訥な歌声で、素直な気持ちがうたわれています。
不器用で、まっすぐで、でもちょっと気取ってみたい、
そんなティーンエージャー特有の甘酸っぱさが
初春の風と相まって、じん、ときてしまいました。
主演のエレン・ペイジが生き生きと演技しているのもいいですね。

ちょっと、ティーンエージャー的な「おバカ」がやりたくなった
周りの目を気にせず、はじける。
自分が10代のころはかなり臆病だったので、「いい子」だったような気がします

…とはいいつつも、ふと思い出したことが
高校の現代文の時間、
グループごとに歌人の発表をしなければならない時がありました。
ほかのグループは調べたことを、いわゆる「プレゼン」として
普通にやっていたのですが
わがグループは、というか私は
一員の(これもまたおもしろい奴だった)「リリー、劇やれば」という一言で
すっかりその気になり
レインコートにベレー帽、そして仮装用の天使の羽根を付けて
「天使になった歌人が、この世に戻ってきた」をコンセプトに劇風の発表をしたことがありました

反応は爆笑する人もいましたが
結構呆れられてました。
ふん、つまんない人たち!(爆)

「あの時のリリーは、もう止められない感じだった」
と同級生の一人は言うのです

そんな自分が結構好きだったりする

あ、かなり主旨から外れてしまいましたね^^;
さて、今日も生け花のお稽古と、映画に行ってきま~す

[PR]

by nomadmurasaki | 2010-02-24 09:15 | cinema

*即席teatime*

e0188350_855481.jpg

自宅カフェ、よくやります。
折りたたんだお布団を、安楽椅子代わりにして
窓の外をぼーっと眺めたり
PCでDVDをみたり

とにかく自室で過ごすのも好きなので
心地よいことをいろいろ考えるわけです

お茶のセットを乗せるお盆が欲しいと思っていました

器が個性的なのが多いから、
無機質なのがいいな、と選んだのは
100円ショップで買った、ステンレスのバット

布をおいて、器を置けば、茶の一式?

お茶にしては食べ過ぎ?
いやいや、これを食べるために、お昼ご飯少なめにしたんですよ~

このときは‘素晴らしき哉、人生’(古い映画です)と‘ジュノ’を見ました。
映画についてはまた、こんど^^

[PR]

by nomadmurasaki | 2010-02-23 08:55 | お気に入り

ナンですか??


e0188350_1349653.jpg
昨日はみこさんからうれしいお誘いをいただいていたので
荻窪へ
真っ白でピカピカの杉並公会堂でのピアノコンサート
テーマはロシアンファンタジー

最近東欧だとか、スラヴ的なものがじわじわと流行しているようですが
私は、か~~~なり、前からひそかに注目していました
そういうことを言うと、「なんで!?」とか「変わってるね」と返されましたが
どうだ、スラヴ特有の暗くてシニカルさの奥にある病的な情熱
それはラテン系のものとは一味もふた味も違う
単純で純粋な人間が、過酷な状況に陥って、ちょっと歪んじゃいました、って感じの感性
(乱暴な言い方ですみません^^;)
それが、たまらなく好きだったりする

カウンセラーのゲストさんがロシア文学について語っていたのだけど
かくいう私も、ロシア文学は結構読んでいるのです

ドストエフスキー、プラトーノフ、チェーホフ。
時代は下がって、ブルガーコフ、ソルジェニーツィン・・・

ああ、なんかまた読みたくなってきました

私のお気に入りは、プラトーノフの『ジャン』です

ムソルグスキーの‘展覧会の絵’をしっかり聴くことができました

19世紀のロシアの音楽は、
聴き手にとっても、弾き手にとっても難解だと思います
なんでもムソルグスキーは友人の展覧会を見て
インスピレーションが降りてきたようで、
異例の速さでこの曲を書いたそうです

はっきり言うと、私はこの曲の魅力がまだわかっていません

でも、なんだかそういうエピソードを聞くと、
知りたくなるものですね

帰りにインドカレーのお店へ
e0188350_13495245.jpg

2人で行くとサラダなどのサイドメニューも頼めるからいいです

エビカレーは辛かった・・・

[PR]

by nomadmurasaki | 2010-02-21 13:50 | お出かけ

Candy*Spring

e0188350_12453271.jpg

先週に引き続き、昨日も生け花のお稽古へ

まわるかたちで生ける

ここ数日の真冬のお天気から、
すこおしだけ、春の風が吹いた気がしたせいか、
お花器をキャンディカラーにして、春を演出

色合いも、オレンジのガーベラとと黄色いソリダコ
なかなかいい感じに生けられました
e0188350_12461090.jpg

後片付けをしていたら、先生がネットでオリンピック速報を見たらしく
「高橋、銅だって」と一言

日本フィギュア男子、3人ともよくぞがんばりました。
男子の方が、欧米圏のイケメンが堪能できるので、楽しかったりする(ぐふ)

[PR]

by nomadmurasaki | 2010-02-20 12:46 | 華*花

大粒

e0188350_12395033.jpg

イチゴを注文したら、一粒がこんなに大きかった!
私も初めてです、こんなの(笑)

何年も前に自由が丘を散歩した時に見つけた
韓国の青磁
結晶がきれいだから、さぞやお高いのだろうと思っていたけど
以外にも一枚1500円

これがきっかけで、韓国の器に興味を持ち始め、
数年後には初めての一人旅

そういえば、ベルギーのアントワープという街の市で買ったイチゴも大きかった
うれしくて、洗うのを忘れて、ホテルで食べたっけ

些細なことがきっかけで、
あふれてくる些細な思い出

[PR]

by nomadmurasaki | 2010-02-20 12:39 | お気に入り

candle lights

e0188350_1071335.jpg

昨日は暗い朝

電気つけずに、キャンドルに火をともしてみる

その淡い光の中で、じっくり朝のYOGA

ここのところYOGAへのモチベーションが下がり気味なので
こんな風に工夫してやる気を回復させている

体が冷えてしまうのは
健康にもダイエットにもよくないから、
発汗作用のある入浴剤を購入

いつも1時間ぐらい入浴するんだけど
この間のお休みの時には、出たり入ったりしてしっかり半身浴
1時間半ぐらい入ってた

休みの日の入浴
もっと長くやりたい
のぼせないように、途中で出たりしてね

なんだか、そういうのにはまりそう

お風呂場でキャンドルともすのも、
リラックスできてお勧めです

[PR]

by nomadmurasaki | 2010-02-19 10:07 | お気に入り