カテゴリ:books( 8 )

節約法@本屋

日本にいる間に、やっぱりどうしてもフラワーエッセンスの勉強がしたい

ニールズヤードの通信講座なら交通費もかからないし、
より深くバッチフラワーについて学べる。

ただし、当たり前だけれど決して安くはない。

払えないことはないけれど、今この収入でこの額が消えてしまうのは不安がある。

でもあきらめるのは嫌、という自問自答の末とりあえず今月は様子を見ることにした。

節約して少しでもお金を作りたい。

で、何を削るかというと交通費。
少し遠回りでもより安く抑えるルートを探すこととむやみやたらと遠くに行かないこと。

そして、本。

今の私の出費の多くがセミナーや本。

図書館も使ってるけれど、図書館にない本やブックオフで見つけたらすぐ買ってしまいがちだった。

知識に貪欲なのは良いけれど、そんな自分ではいけない。


そんなわけでひょんなことがきっかけで、ブックカフェのような本屋で椅子に座って興味のある本を片っ端からその場で座り読みすることに。

今日は六本木ヒルズにあるTSUTAYAのスタバでチャイを片手に、何冊も本を読んだ。

色々なことを学ぶことができたよ。

今まで無縁だと思っていたビジネス書にすごく興味がある今日この頃。

今こそ吸収度120%!

色々な方々の知恵をお借りして、海外進出に役立てよう。

1杯¥420のチャイで¥8~9000分の本代を節約!

図書館も今までと同様、フル活用するぞ~^^
[PR]

by nomadmurasaki | 2011-11-05 19:03 | books

丸善にて

東京駅前のオアゾにある丸善が好きです。

今日は友達の誕生日プレゼントを買いに行くついでに
気になっていた本を探してきました。


これ1冊できちんとわかるアーユルヴェーダ

西川 眞知子 / 毎日コミュニケーションズ




先日、アーユルヴェーダの健康相談に行って、こころとからだのことについて色々お話を伺ってきました。

色々改めなければならないことがありますが、
いきなりではなく、少しずつ進めていきたいな。

まずは入門書を読んで、自分の体質を知ることが大事、というわけで
この本をセレクト

私の体質はピッタの要素が強いらしい
でもカパの要素も混じっているので、ちと複雑です。

考えない練習

小池 龍之介 / 小学館



ブッダにならう 苦しまない練習

小池 龍之介 / 小学館



最近、このお方をよく目にしますね。

禅宗の住職さんでいらっしゃいます。

先だってのアーユルヴェーダの健康相談で進められました。

どうしたって色々思い煩うこともあるし、思い出し怒りもしてしまう。

そんな自分の心をコントロールしていくことが、一番大事だと先生からアドバイスをいただきました。

節約中の身なので本当は買いたくなかったのですが、
すぐにでも読みたくて・・・

気がついたら3冊も買ってしまっていました^^;

ま、自己投資ということで。
[PR]

by nomadmurasaki | 2011-07-22 15:09 | books

本屋

どうしても行きたくなって、火曜の夜仕事帰りに遠回りをして
青山一丁目にあるBook Club回(カイ)へ

こんなお店です


ここはスピリチュアル関係やアロマ・マクロビ、整体、心理学などの本を専門に扱っている本屋さん

お香やフラワーエッセンス、オラクルカードなども扱っている

デザイナーズビルの地下にある、まるでシェルターのような場所

中にはマニアックすぎてついていけない種類の本もあるけれども
私にとっては普通の大型書店にはないものや、あってもなかなか手に取れないものを
ここでなら心おきなく椅子に座って、じっくり目を通すことができる

幸い、その日もお客は私一人

店員さんと時折運送会社の人が訪れるくらい

その直前、仕事で一人勝手に心を波立てていた私は
興味がある本を片っ端から手にとって、
本を読んでいく、ということをする中で
癒されていくのを感じた

それから、ちょうど今再び自分自身と向き合う時期に来ているようで
今までの総決算とも言うべき学びの課題に関する本が欲しかったのだ

かなり自分にとっては苦手分野で、目にするだけで目をそらしてしまいたくなるもの

でも、いつまでも目をそらし続けていたら、
多分、いやきっと、先へ進んでいくことはできないとわかっている

だから、今、取り組むのだ

そんな自分の勉強に3冊本を買った

「雨に濡れないように」

とビニルをかけてくださった店員さんの優しさがハートに沁みいる

ああ、ここで働きたいな、と思った

しっくり行かなくなってしまった職場と
3月以降の自分の身の振りようとを考えているせいか
どうも他者に対する気持ちがとがっているのが感じられる

他人に対する怒りとか「失礼だな!」「許せない」という感情は

「~とはかくあるべき」
という思い込みのなせる技なのだろう

しばらくこういう思い込みや、激しい感情を抱かぬようにする練習をしたい

もっと他者への思いやりをもって、寛大になりたい
[PR]

by nomadmurasaki | 2010-12-23 09:03 | books

クリアーに

仕事が減って、久しぶりにのんびりの月曜日

ここのところずっと忙しくて、
ゆっくりできなかったしな

部屋にもいらないものが増えて
淀んだ空気が流れてました

秋には引っ越しも控えているから、
またまた出ました、大処分祭!!

仕事関係のプリント類や
今まで保存していた映画や展覧会のちらし、
着なくなった夏物
もらいもののポーチ
履かない靴

思い切って処分することに
ごみ袋の中へ
あるいはリサイクルショップへ

ほこりで鼻がむずむずしたけれど、
こころなしか、部屋の空気が一変して
すっきりした感じ

20代の10年間持っていたものは、さようなら
新たな30代という10年のために
新しいスペースを作ろう

もっと、クリアーになろう


持たない暮らし (中経の文庫 し 3-1)

下重 暁子 / 中経出版




*ネットショップ、セールを始めました
お取りお気もできますので、
よければご利用ください

新作は近日中に更新予定です

[PR]

by nomadmurasaki | 2010-06-07 11:19 | books

ひねもす読書の日曜日

今週はずっと仕事やらお出かけしてまして、
やっと今日、一日家にいられる日が持てました。

いい加減疲れ気味だったので、
今日は何もせずに緩もうと思い、
yogaもウォーキングもプロテインドリンクもさようなら。

ずっとごろごろしてました。

まどろんでは、目覚め、小説を読む。
ということをして過ごしてました。
そんな休日って、考えてみれば、久しぶりです。

読んだのは好きな作家、吉田篤弘の新作
『パロール・ジュレと紙屑の都』

パロール・ジュレと紙屑の都

吉田 篤弘 / 角川書店(角川グループパブリッシング)


ここ最近の作者の小説は、長編でなかなか張り切って書いてらっしゃるという感じでしたが、
その割にはプロット的に気に要らなかったので、
買わずに図書館で予約。

しかし、今回は素晴らしかった。

スパイ、謎解き、ロマンス、哲学、詩、とドラマチックな小説の要素がすべてこめられていて
とっても面白く読み進めることができました。

パロール・ジュレとはフランス語で「凍った言葉」という意味
キノフと言う北欧の町とプラハの旧市街の合いの子を思わせる町では、
相手に向けられることない独り言、
あるいは孤立した人間の言葉が口から発せられると
凍ってパロール・ジュレという結晶になるという。

その謎を解くべく、諜報員としてフィッシュがキノフに乗り込む。
そこで・・・

このフィッシュは何かと言えば、よく古い本にくっついている紙魚
普段は眉をひそめて払われる存在だけど、
吉田篤弘の豊かな想像力は、
そんな紙魚を小説の主人公にしてします。
そこがすごいなあ、と。

『1Q84 Book 3』に入る前にでも、後にでも、
この『パロール・ジュレと紙屑の都』を読んでみてはいかが?
[PR]

by nomadmurasaki | 2010-05-02 17:51 | books

本を大量に

買ったのではなく、飽くまで、借りたんですけどね。
休日、昼寝の後予約していた本を取りに行くべく図書館へ。

ついでに気になる本を探し、書架の間をいったり、きたり。

気がついたら山積みの本。

好きな作家の新作
フィンランドの教育
仕事がらみの本
ダライ・ラマ
雑貨
オーストラリア

数えたら八冊

今オーウェルの小説も読んでるし、アマゾンで2冊注文したばかり


なんだか、いろいろなことが知りたくなってきたのだ。
[PR]

by nomadmurasaki | 2010-04-27 11:09 | books

空を飛ぶ

サン=テグジュペリ、といえば『星の王子様』が有名ですね
私も学生時代、フランス語の授業でこの原書を日本語に訳すという作業をした記憶があります。
それでも正直みんながもてはやしているほど、好きにはなれませんでした。
まあ、言ってることはごもっともだけどさ…てな具合に。

人間の土地 (新潮文庫)

サン=テグジュペリ / 新潮社



しかし、今回この著者の『人間の土地』というエッセイを読んで
非常に感銘を受けました。

飛行士でもあった彼は、サハラ砂漠に不時着し、遭難します。
水なしで何十時間も過ごし、何百キロも歩いた彼。
『星の王子様』の原風景が垣間見えます。

この本には自由であることの、素晴らしさと厳しさ、孤独、すべてが表現されていると思います。

解説を、あの宮崎駿が書いているのも興味深いです。
[PR]

by nomadmurasaki | 2010-02-16 09:25 | books

I❤Snoopy

e0188350_1052468.jpg

今、なぜかスヌーピーの漫画(Peanuts)にはまっている

初めて読んだのは中学の時
英語のスピーチコンテストの賞品だったのだ

なんともいえないオチが好きだ
穏やかなユーモア

そして今毎日のように図書館へ通って借りている
電車の中でも
そして昨日、久々に汗をかきに行った岩盤浴でも
ひたすら読んでいる

英語の勉強にもぴったりだ

さ、今日は午後から仕事だから
仕事に行く前に、また図書館行ってこなくては❤

岩盤浴
新宿に安いところを発見
また来週も行きたい
やっぱり冬は血行が悪くなるので
しっかり汗をかいていないんですよね~
それはよろしくないぞ!
[PR]

by nomadmurasaki | 2010-01-30 10:52 | books