新年

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

e0188350_1512816.jpg


このブログも2年たち、その前のブログとも合わせると、一体何年やってるんだっけ?と
もう数が記憶の外に出てしまってます。

既にお目にかかることのできた方々も何人かいらして、このブログがもたらしてくれたご縁にただただ感謝するばかりです。

思えばどん底の精神状態だった私にも、背を向けることなく励ましのお言葉をくださった皆様

そのおかげもあり、ようやく今年は海の外へはばたくことができます。

3月には事前集合研修
4月からは2カ月の訓練@長野
そして6月下旬には南の島へと旅立ちます。

遅めの一人立ちですが、自分には自分のペースがあるのだから、人と比較してもしょうがないなと思います。

が、それでもやっぱり20代、なんか無駄に過ごした?って言う気持ちも実は否めない(笑)

わたしは本当に、心からやりたいと思っていることのごくごくわずかしか着手してない、とつくづく思うのです。

わたし、まだまだやりたいこと、やってないわって(笑)

欲張りさんですね、私も。

でもでも、死ぬまでハングリー精神を持ち続けたいですね。

知足精神とハングリー精神のバランスを大事にしつつ。

新年早々、やりたいことが山積みなので、日本にいる時間も残り少ないわけですしためらうことなく邁進してまいりたいと思うリリーなのでした。

こんな私ですが、本年もよろしくお願いいたします。

*写真は今日作ったばらずし^^
[PR]

by nomadmurasaki | 2012-01-03 15:13 | ごあいさつ

ご報告

いつブログを読んでくださる皆様。

ありがとうございます。

今日は皆様にご報告をしたく思います。

それは・・・

私の長年の夢である海外進出が来年の夏から実現するというお話です。

実は今年はメインの仕事場を辞め、来年の海外進出に向けての準備期間に充てていました。

某社団法人の海外ボランティアプログラムに応募しており、
1次試験通過

2次試験通過

待たされること2カ月

やっと合格という結果をいただくことができました。

団体名などはここで明かしたくはないので、「知りたい!」という方は鍵コメくださいませ^^

で、どうなるかというと、

来年の7月から南太平洋のほうに派遣されます。
任期は2年間です。

2年後の身の振りようはじっくり考えるとして、
とにかく海外へ行くとい夢がかなうのがとっても嬉しいです。

今の仕事の資格を取ってからはや7年
本当はもっと早く海外へ出たかったのですが、
家のこともあり一時は自分が介護鬱なんじゃないかとも思うほどつらかった時もありましたが、
わたし、一度たりともこの夢をあきらめたことは有りませんでした。
それだけは自信持って言えます。

このプログラム合格も決して簡単なものではないので、
結果が出るまでやきもきしていました。

ちゃんと面接では自分を出せた、と自信を持てる部分も
いや~、あれはちょっとな、とマイナス部分も数え上げればいくらでもありましたし。

ただし、言霊というのがあるので「だめだ」「落ちる」というのは一度も言わなかった。
常に「大丈夫」「いける」と自己暗示掛けてましたね(笑)

いただいた合格も、今まで頑張ってきたご褒美なのかな、と
素敵な誕生日プレゼントをいただいたと思っています。

そして何より、ブログで応援してくださった皆様のおかげですよね。

どれだけ支えられてきたことか!

実際にお目にかかって、長いお付き合いをいただいている方も
またあくまでブログ上でコメントくださったり、常に読んでくださる方も

本当にありがとうございました。

いいご報告ができて、わたしも嬉しいですし、
またご報告できるお相手がいらっしゃることが、何より幸せだな、と^^

渡航は7月ですが、3月に研修、4月から訓練があるので
日本で残された時間もあっという間でしょうね。

貴重な時間を大切にして過ごしていきたいです。

[PR]

by nomadmurasaki | 2011-09-14 08:54 | ごあいさつ

Rain Blue

e0188350_11244667.jpg


ソウルは2日目辺りから、お腹がごろごろするように空がぐずつき始め
それでも2日目はなんとか持ったのですが
夜中から土砂降りの雨&雷

それでも私はなぜか、部屋の中で雨と雷の音を聞いていると、妙に落ち着くんですよね。

しかし3日目もあやしいお天気

どんよりとしたソウル

思えば旅先でこんなに天気が悪いのも初めてかもしれません
(シドニー初日も雨が降ったけど)

何が大変って、ウェイトリフていんぐ並みの荷物を抱えて
傘をさしながら移動するのは、かなりの重労働

なんとかタクシーを拾い、ソウル駅へ
そして空港鉄道の急行に乗りました

TAX REFUNDしようにも、場所が見つからない。

時間もなかったので、荷物整理

するとなんと出発時間まで30分切ってるではありませんか!?

慌ててグランドホステスさんに超特急でチェックインを頼み、荷物を預け(重量チェックなし、ラッキー)
ぎりぎりセーフで搭乗の列に並ぶことができました。

ベテラン格のGHさん、カムサハムニダ~

まあ、そんなこんなで自宅に着いたのが夜11時過ぎ
とにかく無事に帰国いたしました。
[PR]

by nomadmurasaki | 2011-05-01 11:24 | ごあいさつ

帰国しました

e0188350_1136309.jpg


昨晩、無事に台北から東京に戻りました。

エバー航空の午後4時発の飛行機だったので、
帰国日も朝から街を歩き回り、買い物したり写真を撮ったりしていましたが
空港に行ったら、なんとフライトスケジュールが変更になっていて、
朝出発してしまったとか

ちゃんとメールでも電話でもお知らせがあったんですけど
気がつかなかった・・・

しかしグランドホステスさんが迅速に対応してくださり、
4時45分のANAに乗ることができました

海外で日本の飛行機に乗るのははじめてでしたが
日本人アテンダントのなめらかな日本語と、きめ細やかなサービスにうっとり
くつろぐことができました

海外一人旅なので、もちろんハプニングやトラブルもありましたが
街を楽しみ
たくさん食し
自然と戯れ
猫とお昼寝をし、
と総じて非常に楽しい旅行でした

素敵な出会いにも恵まれ^^
(イロコイは無し)

外国人相手の稼業の悲しい定めで、この時期は春の休暇シーズンなのと
原発事故の影響もあり、すっかり仕事がなくなってしまいました

ま、これを機にのんびりしますわ

ですのでこれからも台湾旅行記をアップするので、
宜しければお付き合いくださいませ
[PR]

by nomadmurasaki | 2011-03-24 11:42 | ごあいさつ

【コピペフリー】緊急時対策マニュアル

友人のブログで掲載されており、いいなと思いコピペさせてもらいました。

今、自分に何ができるか考えて、
節電はもちろんですが
このように有効な情報を広げる努力をしようと思います。

コピペはフリーです。
ご報告は不要です

ただし、文章を変更しないでください
*情報が更新された場合は除く

「何かしたい」と考えていらっしゃる方、ぜひコピペして

ブログ、ツイッター,mixiなどにご掲載くださいませ。

≪避難場所等のサイトURL≫
【関東避難所の情報】http://pinqa.com/questions
【鉄道運行サイト】http://www.tetsudo.com/traffic/
【運行情報】http://ekitan.com/dinfo/2/list.html
【Google Mapsリアルタイム避難所】http://bit.ly/tokyohinan
【都内避難所情報】http://cgi.mobile.metro.tokyo.jp/aps/tosei/bousai/hinan.html



≪食料等の提供≫
【公衆電話】東北地方無料貸し出し

【サントリー】
 自動販売機を無料開放、ボタンを押すだけで
 提供されるようです。
 緊急時飲料ベンダーの右上非常用ボタンを押し破り、
 右側の赤いレバーを引くと外扉のロックが外れ、
 中の飲み物を取り出せます。

【コカコーラ】
 自動販売機を無料開放、とのこと。
 上記と合わせて、自動販売機の機種によるらしいので
 現場にてご確認ください。

【ネパールカレー店あちゃーる(仙台市泉区)】
 ご飯とカレーある限り無料で出します。
 食糧ない人、一人で心配な方、お店にきてください。
 近所でご飯の心配な方は誰でもきてくださいとのこと。
 
【デニーズ】
 安全の為、一部店舗の営業を見合わせておりますが、
 営業を続けられている店舗、設備に問題がない店舗では、
 帰宅途中の皆様へトイレのご利用や飲料のサポートを
 行いますので、ご利用下さいませ。



≪トイレや水道水、道路情報の提供≫
【セブンイレブン】
【ローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100】
【ファミリーマート】
【サークルK、サンクス】
【スリーエフ】
【ampm】
【ミニストップ】
【ヤマザキデイリーストア、デイリーヤマザキ】
【キュウズマート】
【コミュニティ・ストア】
【ココストア】
【ポプラ】
【SHOP99】
【生活彩家】
【スターバックスコーヒー】
【吉野家】
【山田うどん】
【デニーズ】
【ロイヤルホスト】
【シズラー】
【公公婆婆】
【モスバーガー】
【シェーキーズ】
【カレーハウスCoCo壱番屋】



≪現場での心得≫
■避難の際は、可能であれば以下を持ち出すようにしてください。
 □現金
 □身分証明書
 □印鑑・預金通帳・保険証
 □飲料水(1人1日3リットルが目安)
 □非常食(缶詰、アルファー米、インスタント食品など)
 □携帯電話と非常用充電器
 □家族の写真(はぐれた時の確認用)
以下、あると便利
 □懐中電灯
 □サランラップ
 □タオル
 □ナイロン袋
 □笛

■女性の方は1人での行動は控えてください。
 悲しい話ですが、被災地での暴行・レイプは少なからず起こります。
「風呂、トイレ貸してあげる」などの誘い文句にはご用心を。
 トイレ行くときも複数人で!

■妊婦の方
 ご自身から妊娠中であることを自己申告し、優先的に
 救助されて下さい。
 外見からでは妊娠初期は分かりません。
 妊婦さん、乳幼児の周りにいる方、妊婦さんの声を聞いて
 上げて下さい。
 妊婦さん、戦時でも沢山の健康な赤ちゃんが産まれています。
 どうぞ安心して。絶対に大丈夫です。
 妊婦の方、もしくは近くに妊婦の方がいらっしゃれば
 力になってあげてください。

■避難するときの注意点
 ・壊れたガラス等が散乱していると足元が危険なので靴をはく。
 ・へルメットか綿の入った帽子、なければ座布団やクッション等で
  頭を保護。
 ・ケガ防止のため肌の露出は避ける。
 ・煙が出たら、濡れタオルを鼻に当てる。
 ・エレベーターは使わない。
 ・正しい情報を手に入れる。
 ・車で避難しない。
 ・できるだけ落ち着くこと。
 ・ガラス窓、ブロック塀などの近くは歩かない。

■1人で過呼吸やしんどそうにしてる方を見かけ、余裕のある方は
 ついてあげてください。パニック障害を起こされた方の経験上、
 それだけで随分違うそうです。

■震災の時に、建物に赤い紙が貼られていたら、それは
「全壊」の判定を受けた建物です。
 倒壊の危険性が高いですので、近寄らないようにしてください。



≪感染予防≫
けがをしたら、傷を流水でを洗い流してから、清潔な布で
覆ってください。とにかくよく洗うこと。
救助の際、他人の傷口・血液には直接触れないでください。
ビニール手袋などがない場合は、スーパーの袋などを
手にかぶせて救助してください。



≪災害時の連絡など≫
■災害伝言ダイヤルは171番です。ご利用ください。
<被害者の方>
 1.伝言ダイヤル「171」を押す。
 2.自宅の電話番号を押す。
 3.伝言を録音する。
<安否を確認したい方>
 『171の使い方』
 「171+1+家番号」で伝言を吹き込み、
 「171+2+家番号」で伝言再生です。
家族・友人の安否確認がまだできていない方は、
こちらを利用するといいかもしれないです。

■電話がつながりにくい方、mixiやツイッター、
 Skypeが非常に便利です。勿論ラジオやTVも活用してください。

■googleより安否を確認できるためのサービスが公開されています。Google Person Finder 2011 http://japan.person-finder.appspot.com/?lang=ja

■災害伝言ダイヤルhttp://www.ntt-west.co.jp/dengon/

■NTTドコモ・ソフトバンクモバイル・KDDI・ウィルコム・イーモバイル各社
【ドコモ】http://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi
【au】http://dengon.ezweb.ne.jp/
【ソフトバンク】http://dengon.softbank.ne.jp/J
【ウィルコム】http://www.willcom-inc.com/ja/info/dengon/
【イーモバイル】http://dengon.emnet.ne.jp/



≪電気・ガス・水道≫
■ガスが止まってしまった方へ。
東京ガスは震度4で自動停止機能が働く。復帰は簡単。
メーターの左上にある黒いキャップを外して中のボタンを奥まで押しこむ。
メーター上部の赤ランプが3分点滅するので、その後復活。

■電線が切れて地面に垂れている場合。
半径5mでも感電する恐れがあるので絶対に近づかない。



≪知ってると便利なもの≫
■キャップがオレンジ色のペットボトルは熱に強い構造をしています。
お湯が確保できるならお湯を入れれば簡易湯たんぽやカイロ、
飲み水にもなります。
体温調節が難しいお年寄りや赤ちゃんに利用してください。

■首、手首、足首、の三つの露出部分をしっかり保温すれば、
体温を暖かく保つ事が出来るとの事です。

■移動する時や避難袋に笛を加えて下さい。
いざという時に、声が出せない時でも笛は役にたちます。

■家具に埋もれて動けなくなったら机の脚でも何でもいい、
とにかく叩けるものを叩いて音を出せ。
“2・5・2”のリズムは「要救助者あり」の信号。
消防職員が必ず救助する。

■デマ募金・義援金・救助要請などのチェーンメール・ツイッターが
蔓延しています。
お互いの協力が大切ですが、余力のない方がほとんどと思われます、
まずは自分の身の回りの安全の確保をなさってください。

■車など狭い場所で夜を明かす人は、エコノミークラス症候群に注意
こまめな水分摂取、時間ごとの適度な運動、
なるだけ緩めの服装などで予防を。



≪TV・ラジオ≫
■TV見られない方
http://www.ustream.tv/channel/foxtokimekitonight (ustreamにて放送中)情報ほしい方はこちらへ
ニコニコ動画でも見られるそうです。

■iphoneのRadio JPってアプリ。
電池さえあれば停電してもNHKとかのラジオきけるとのこと。

■外国人の方へ。
現在NHKラジオ963にて英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語、
ドイツ語、フランス語の各言語で地震情報を放送しています。




≪余震対策≫
■余震への警戒は1週間は続けてください。
地震から3日たっても震度
■家具に埋もれて動けなくなったら机の脚でも何でもいい、
とにかく叩けるものを叩いて音を出せ。
“2・5・2”のリズムは「要救助者あり」の信号。
消防職員が必ず救助する。

■デマ募金・義援金・救助要請などのチェーンメール・ツイッターが
蔓延しています。
お互いの協力が大切ですが、余力のない方がほとんどと思われます、
まずは自分の身の回りの安全の確保をなさってください。

■車など狭い場所で夜を明かす人は、エコノミークラス症候群に注意
こまめな水分摂取、時間ごとの適度な運動、
なるだけ緩めの服装などで予防を。



≪TV・ラジオ≫
■TV見られない方
http://www.ustream.tv/channel/foxtokimekitonight (ustreamにて放送中)情報ほしい方はこちらへ
ニコニコ動画でも見られるそうです。

■iphoneのRadio JPってアプリ。
電池さえあれば停電してもNHKとかのラジオきけるとのこと。

■外国人の方へ。
現在NHKラジオ963にて英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語、
ドイツ語、フランス語の各言語で地震情報を放送しています。




≪余震対策≫
■余震への警戒は1週間は続けてください。
地震から3日たっても震度5以上の余震が続く可能性は十分にあります。

■大きな余震がまだ懸念されています。
なるべく水ものは下に降ろし、ガスの元栓は締め切り、
すぐ出られるように簡単でいいので荷物を作っておいて下さい。

■車のキーはさしっぱなしにした方が後で動かしやすい。

■睡眠時に支障が出ない窓、扉は開けておくといざという時
 困らないです。

■浴槽に水ためる。ありったけ米炊き、おにぎりにしとく。
 避難の際はブレーカー落とす。

[PR]

by nomadmurasaki | 2011-03-13 08:31 | ごあいさつ

地震

昨日、渋谷で仕事をしていたら、揺れを感じた

どうせいつもの揺れだろうとタカをくくっていたら、
なかなか揺れが収まらない。

これはいかん。

仕事から帰ろうとしたら、みな外に出ている。

でもガラス張りのビルの下に突っ立って立って、
危ないでしょ、何やってんの?と思いつつ、人の森を歩き抜ける

電車はすべて不通

それでもこの時の私は楽観的で
待てばまた走るだろう、間に時間つぶしがてらウインドーショッピング

なんとか父と電話が通じて、歩けるところまでは歩くことにした
父はその日は仕事で水戸に行っていた
我が家には病人がいるので、それが心配だ

意を決して、まずは永田町まで歩く

途中でエネルギー源、サンドイッチとチョコレートとお茶を買う
カイロも購入

永田町についても、もちろん地下鉄は止まったまま

さらに市ヶ谷、そして飯田橋まで歩く

途中の自転車屋さんに人だかりが
自転車で帰ろうというのだろう

飯田橋のラムラのエントランスにはすでにビニルシートが敷かれていて、
私もくたくただったので座り込む

この時大体7時ごろ

ここで夜を明かそうかと考えたけれど、
こんなところではいやだ、
あきらめたくない、と思った

おりしも都内に住む親せきがお茶の水まで出ればバスがある
と電話をくれたので
最後の望みにかけることに

なんとかお茶の水にたどりついてバスを待つ
しかし長蛇の列
バスにはすでにたくさんの人

歩いているときは一人で、
ウォーキング好きで、一人には慣れているわたしでも、
さすがに心細さに半泣きに

しかしバスを待つ間、後ろにいた人と話をする

たまたま同じ方角だったのでどうやって帰路に着くか情報交換

すると、天の助け!

交番から

「地下鉄の一部路線が運転を再開しました」
とのアナウンス

嬉々として、同じ方向に行かれる方と3人で水道橋まで舞い戻る

しかし、地下鉄に乗って、家に帰れるということと
仲間ができたこともあって足取りは軽かった

幸い私の駅まで走っていた

嬉しくてたまらなかった

家に着いたのは10時半過ぎ

今朝ニュースを見て、深夜にやっと帰宅できた方
また変えることができずシェルターで夜を明かされた方々のことを聞く

自分はラッキーな方だ

昨日のウォーキング距離は尋常ではなかった

「痩せるかな」
こんな風に考えないとやってられなかった

昨日、ひたすら歩いていて気になったこと

タクシー、一人しか乗っていないのが多い

もちろん一概には言えないけど
乗る時に、同じ方角の人を募って、積極的にシェアするべきなのでは?

全体的にコミュニケーションが足りてないな、という印象を受けた

こういう時こそコミュニケーションが大事
情報交換という意味でも、心の支えという意味でも
避難訓練と同じレベルで
都市にいるときに被災した時、どうするべきか改めて考えるべきだなと痛感

自分自身意識が足りていなかった

何はともあれ、このブログでお世話になっている方々もほとんどがご無事とのこと
安心しました
しかし、仙台在住の方と、いまだ連絡が取れていません!!
もし読まれていたら、ご一報くださいpucaさん!!!

被災者の方々の生活が一刻も早く元に戻りますように
そして残念なことにお亡くなりになった方々のご冥福をお祈りします

何かできることがあれば、やりたいですね。
[PR]

by nomadmurasaki | 2011-03-12 08:43 | ごあいさつ

いよいよ

あしたから個展がスタートします。

詳細はネットショップをご覧ください。

*ここでは、個人情報保護のため、ショップ名を明かしません。
 あしからず

ただし、一つだけ変更があります。

お店の都合により、あしたのオープンが

12時ではなく

14時~になります


あらかじめ、ご了承ください。

朝から確定申告、病院、仕事、搬入でくたくた
もう寝ます
[PR]

by nomadmurasaki | 2011-03-09 23:27 | ごあいさつ

ブログタイトル変えました

ブログのタイトルを変えました

イロイロ思ふ→☆わたしはワタシ☆

ここ2年ほど、自分を愛するということが大きなテーマだったように思います

この2年間の学びの中で思ったことは

「自分の居場所は自分である」

ということと

「私は私であることの自由と楽しさと喜びを味いたい」

ということです

そして最近は特に

「周りの不特定多数がどうこう、ではなく、私が現代の日本に生まれたのは、
きっと自分がやりたいことを思い切りやるためなのだ」

と思ったりします。

そんなこんなで、引っ越しや髪形の変化
そして夢の実現というプロセスの中にいる私

ブログにおいて、心機一転したくなりました。

単なる独りよがりにならず
不道徳なことはもちろんしませんが

この人生、思い切り「ワタシ」をやろうと思います。

最近さぼり気味ですが、右脳型ブログとして
「☆わたしはワタシ☆」を今後ともよろしくお願いいたします^^
[PR]

by nomadmurasaki | 2011-03-06 08:55 | ごあいさつ

個展開催します

表現活動を始めて5年

今年の春には6周年!

フリマや手作り市に出店したり
ネットショップで販売したり

そして、やっと念願の個展開催に至ったというわけです

場所は下北沢です

私にとっては仕事でも、プライベートでも大事な場所です

この春で私は仕事に一区切りつけることにしたので
それを機に、個展開催を決意しました

詳細はネットショップまで^^

*こちらではプライバシー保護のため、
ネットショップについては秘密にさせていただきたく思いますので
よろしくお願いいたします。

[PR]

by nomadmurasaki | 2011-02-09 10:30 | ごあいさつ

☆謹賀新年☆

e0188350_1031821.jpg



明けましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします

昨年は思い切った行動で、たくさんの出会いがもたらされました

今年はいよいよ海外へ行くという夢の実現のため
具体的に動いていきたいと思います

3月には5年非常勤としてお仕事をさせていただいたところを辞めます
そのあとのことはまだ決まっていませんが
とにかく己の信じる道を進んでいきたいと思います

このブログを読み、応援してくださる方々
コメントも残してくださる方々に

心から感謝申し上げます

よき2011年となりますように^^
[PR]

by nomadmurasaki | 2011-01-01 10:33 | ごあいさつ